読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

材料


材料そのいち。
苛性ソーダです。
強アルカリ性だからね!厳重注意。
399円。



そんな劇物を扱うわけですから、まずは自分の身を守らないと!
いざという時のための、厚手でつ。
(しかし後に作業しにくいことが判明する)
298円。



当然飛沫が目に入る危険性もある。
眼鏡を掛けても良いがガラス面が細いため、やはりゴーグルを購入した。
98円。



作業中煙が発生する恐れもある。
危うくガス用マスクを買うところだったが、さすがに止める。
そのワンランク下の、防塵マスクに手を出したが、店内一周してそもそも塵が出る作業じゃないのを思い出して、廉価なマスクを選択。
自分のコントロールは難しい。
作業用マスク。
98円。



作業中は汚れても良い服を着るが、それでも念のためエプロンを着用する。
なかなか雰囲気が出てきた。
デニムエプロン 420円。



次は出来上がった溶液を入れる物だ。
金属でなければ溶解することがないため、ある程度耐熱性のあるものを選択。
ジップロック 348円。



苛性ソーダを移し替える時に使用。
プラスチック製スプーン 158円。



泡立て器は攪拌用、計量スプーンは、今後使用するために購入(今回は使用せず)
オールステンレスで塩基対策。
泡立て器 312円。
計量スプーン 268円。



保存用容器…っていうとカッコいいけど、
ただの発泡スチロール箱。
でも保温するのにはもってこいだ。
発泡スチロール箱 230円。



今回購入した苛性ソーダが袋入りだったため、移し変える容器が必要。
ビンだと可愛いんだが内容がトンデモ可愛くないのであえて地味なものに。
(ビンだと中で苛性ソーダが潮解して、蓋が開かなくなることもあるらしい)
スクリュー式保存容器 298円。



鍋です。普通の鍋です。
いや、ステンレスですがね。こちらも耐アルカリ性ということで購入。
これなら普通の料理にも使えるしヤホーイ。
ステンレス片手鍋 880円。



できあがった溶液は半分固形化するので、鍋からそぎ落とすために使用。
シリコンベラ 195円。



よくみると犬用。
苛性ソーダを混ぜる時に使用。
ほんとはさっきのプラスチックスプーンで併用しようかと思ったんだけど、ちょっと耐熱温度が心配だったんで一応購入。
でもよくみると犬用。
ステンレススプーン 295円。



温度管理が大切ということで、温度計。
実はコレが一番高かったーorz
温度計 1280円。



温度管理同様、重量をきちんと測る事が成功の鍵。
キッチンスケール 980円。



あれだ、漬物用なんだけどね。
いいじゃないかそれでも。
うん、いいじゃないか。
とはいえ相当でかすぎた…。
苛性ソーダと水を混ぜるために使用。耐熱のもの。
保存容器 398円。



油。
なんの変哲も無い油。
オリーブ油 598円?(レシート紛失



マヨネーズじゃないよ!ラードだよ!
200g入りで、あと50g足りなかったから結局2個買った。
ラード 198円?(レシート紛失



水。
何の変哲も無い精製水。
別に水道水でも良かったというオチ。
精製水 98円?(レシート紛失)(無くしすぎだ)









で、何を作るかって、
石鹸です。


理科の実験で昔、廃油から作ったアレ。
今回は、上記油でつくるのでつ!

参考文献。

肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32

肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32


聖書にも悪魔の教典にも見える…。
この本を着火材にして、かるく一万円は散財してしまったからなー。
これでうまく出来れば言うことないんです が   ね   。