読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)


くそう…涙が止まらないじゃないかどうしてくれる。
東野圭吾は別に文章がうまいとは思わないが(大変失礼)、違和感を残しつつミスリードできてるのはすごいと思う。
正直、トリックの本質には気づかなかったなあ。うすうす、自首するんだろうなとは思っていたけれど。

ここからネタバレだよ!



















彼は、石神は最後になぜ泣いたのだろう。
花岡靖子が自首したことで、かれは結局彼女を守り切ることができなかったんだが、でも、彼の献身に気づいて、応えた証拠でもあるので、嬉しかったんだろうか…いや、嬉しいという単語は不謹慎なのだけど他にいい言葉が浮かばない。魂の喜びとでも言うのか。救済か。
でも、彼女が自首するなら、石神は殺人なんで起こさなくてもよかったわけだし、そうすると彼の献身は無駄になる。
でもでも…やっぱり、時が経てば、花岡靖子の自首で救われることになると思うんだよね…むしろそう思いたい。

しかし娘のリストカットが突然だったな。石神の自首は知っていても真実は知らないはずだった。罪の意識で限界にきたのだろうか。何にせよ娘の取った行動が、母親を動かしたのには間違いあるまい。
このまま何事もなく幸せになんてなれるはずがないと。


あーつらいのう。誰も幸せになれない物語は読んでいてつらい…。
プラチナデータとは全然仕上がりが違うじゃないか。どうなってるんだ。