読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

毒物殺人

本棚

ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人<新装版> (講談社文庫)

ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人<新装版> (講談社文庫)


ちょつと前に読了。
なんか…百合根くんがただのツッコミ役になりつつある気がする。
前号のときには、その役は菊川警部が担当していた。まあその立ち位置が順当だろう。だが、今回は菊川が好意的な立場を示しつつあるため、ツッコミを他の人がやらざるを得ない。その役回りとして百合根に白羽の矢がたった。
ツッコミありきで、即ちSTの重要性を引き立てるがためのアンチテーゼが物語に必要だという構成で物語が作られてしまうがために、そうなったんだろうけど、そもそも、その役を百合根にやらせちゃあ、STのキャップとして成り立たないんじゃ無いかと思うわけです。


んー…。同じ作者の本は3冊は読まないとわからないだろうと思って読むのですが…、推理もの事件ものにしてはちょっと作り込みが甘いなあ。宮部みゆきとか乃南アサの方が好きだなあ。
登場人物も極端にマンガチックだよね。漫画になれば面白いのかもしれない。

シリーズがまだ出てるので、あと一冊読んでみるか…。