読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

感性の限界

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)




どんどん読んだんですよ。最近読書のきっかけが多くてね。
さて限界シリーズの最終章。頭ふにゃふにゃにしながら面白く読んだけど、最後は歯切れの悪い感じになったなあ。アンカリング、ミームという単語を知れたのは良かった。
「終わりに」が一番感じ入った。著者の動機を垣間見ることができた。いま、もう一度「理性の限界」を読み直している。