読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

空の中

本棚

空の中 (角川文庫)

空の中 (角川文庫)


タイトルのシンプルさで魅力が伝わらない本書。
主人公とその周りの主要人物が身近で、デビュー作に比べいきなり読みやすくなった。担当さんがつくということがこういうことなのか?目の前に客観的な読者がいることで、伝え方が明確になるのかねぇ。


日本全土を巻き込んだ物語でしたが、蓋を開けてみれば主人公と真帆ちゃんの、死を受け入れる物語だったという。
宮じいがいてよかったねぇ。宮じいの存在は、書いているうちに登場人物が勝手に動き出した成果ではないかと思う。それぐらい自然だった。
あと高巳さんが飄々としてていいキャラしている。男の格好よさってのは筋肉だけじゃないんですよ。