読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

似合う服がわかってきた件

年齢を重ね、カジュアルな格好がいまいち似合わなくなってきたと感じ、またメイクが好きになってきたことから、この約2年どんな格好をしたものかと瞑想していた。

あれこれ検討した結果、どういうものが似合うのかがわかってきたので、段階追って説明したい。

ま、備忘録です。

 

まずはじめに、パーソナルカラー診断や骨格診断を受けた。

似合う色、形があるだろうと思い受けた。

こういう本も読んだ。

 

骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則

骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則

 

 

この本はよかった。分かりやすい。

自己判断で春×ウェーブだと思っていたのだが、プロ診断の結果夏×ウェーブと判明。

夏…!?

むしろそれまでは春向けの色を選んでいたよ…。

そこから服を買う時に考えすぎて買えなくなる期間に入る。

 

次の転換期はエアクローゼット。

ご存知でしょうか、月額制でコーディネートされた服が家に届くサービスです。

自分で選べないならプロに選んでもらえばええんじゃないかと、ものは試しに申し込んだ。

自分の好きな色や着たい色を登録するのだが、その時にサマーっぽい色を選んでみたが…

届く服は最初の3回ぐらいは全然ピンとこないものばかり。

で、服の感想を送信する欄があって、そこにコメントした方が次から好みの服が来やすいと知り、頑張ってコメントしてみる。

このコメントをするっていうのが効いたみたいで、どんどん自分に似合う服が分かるようになってきた。

所謂PDCAってやつである。

 

例えば、服の形で言うと、

・Vネックは似合わない。ボートネックやノーカラーが似合う

・トップスの丈は短い方が似合う。ウエストインできるならした方がいい

・基本的にズボンがそこまで似合わない。スカートは膝丈のものはどんな形でも似合う

・スカートは特にAラインのものは間違いなく似合う

・トップスの素材は、シャリっとしたものは似合わない。くたっとした柔らかいものなら大体大丈夫。

・色は、キャメルが壊滅的に似合わない。顔が土色になる。

・かわりに、パステルカラーや淡い色は似合う

・真っ黒はいまいち。でも深めの紺色はドンピシャ

 

うーん、こうして見るとやっぱり夏×ウェーブなんだなと分かりますね。

この段階を経ているので、店で服を買う時にも、試着しなくても似合うかどうかが何となく分かるようになってきた。

 

何着ていいか分からない人にはおすすめ。ただお金はかかるよね…。

もうしばらくしたら、エアクローゼットからは卒業しようかな。服の数増えてきたし。