空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

自分では気づかない、ココロの盲点

 

 

相変わらず池谷さんの本は気負わず面白い。そのくせエビデンスがしっかりしてるから信頼も置ける。

ただ、何冊か読んできた身としては、そろそろひとつのテーマに絞ってもう少し専門的な解説、研究をしている重めの本が読みたいところ。

スガさんのごはんが美味しい理由

さきほど紹介した「ラクする作り置き」の著者スガさんのブログを改めて見直していたのですが、少しだけ紹介。

 

 

【感謝】「身につく作り置き」重版出来 | 週末の作り置きレシピ

以下抜粋

生きていく上で、特に、食に関しては、本当に色々な考え方があります。
正解なんてないんです。

だから、生きていく上で、誰かのサンドバッグになる必要なんてないんです。
ましてや、自分で自分自身を締め上げる必要なんてないんです。

「食」という観点で、もし、許すことが出来ないという目に遭ったり、疲れたり、もうどうでもいいと思ったり。
そんな時に、この本が、逃げ口の一つになれば。

疲れたときには、砂をかむような食事ではなく。
ひと口食べて、鼻の奥がつんとして、喉の奥が痛くなって、だーだー涙が止まらなくなって、心身ともに「おいしいね」と感じることが出来る。
食に対して、「あ、これでいいんだ」と、許すことが出来たら。

「身につく作り置き」、ぜひ、お一人でも多くの方に、手に取っていただければ幸いです。

 

 

ここ読むだけで鼻の奥がツンとしてしまった。

心身ともに極限になったことのあるひとにしか書けない文章。

こっちの本もかおう。

ラクする作り置き

 

ラクする作り置き

ラクする作り置き

 

 

今まで色んなレシピ本を買ってきたが、一番参考にして一番見返しているのがこの本。なにより味が美味しい。

 

これを参考に作り続けてたら和食が全く怖くなくなった。しかも美味い。

本屋にいくと「つくおき」の方が山積みされている事が多いが、あれも買ったが味があまり合わず、気に入ったもののみ作る程度。ただ、使われている食器や写真の撮り方がつくおきの方が美味しそうに見える。スガさんの本はタッパーだし鍋も年季が入ってるしで一見地味。でも美味しい。

調味料も冷蔵庫にあるもので全て賄え、かつ使う種類が少なくて覚えやすい。さらに美味しい。

正社員で拘束時間が長く食事の時間が不規則な人ほど、これでご飯を作り置きして欲しい。まず3品でいい。それだけで劇的に食生活は変わる。やっぱり美味しい。

何が言いたいかって、表紙が地味ですがオススメですってことです。

顔合わせとか結婚式とかいろいろ

タイトルのように、年下彼氏にプロポーズいただき結婚準備を進めている。年齢もあることから全てが倍速のようで、あれこれと決めることが多い。

そんな中、妊娠が判明した。

まだ初期なのでこの妊娠が無事出産まで至るのかは未知数だが、今のところとても体が疲れやすく、また時々つわりらしい気持ち悪さが襲ってきてなかなかにしんどいのである。

妊娠が発覚した時に思ったのは、ひとつの命を生み出すのにお金を払っていないというのがすごく不思議で神秘だったということだ。今まで資本主義社会の中で生きてきて、何をするにも通貨を対価として支払い、それを稼ぐために労働してきた。

しかし子供は労働も決済もせずに命がスタートするのである(厳密に言うと労働がゼロではないが)。

いきなり命が生まれることが不思議でたまらなかったのだが、今このヨレヨレの状態を考えると、全くゼロから生まれるなどとは幻想で、やはり私の体を接木の土台として体力を目いっぱい吸い取って大きくなろうとしているのだとようやく気づく。全然タダじゃない。

激動の2018はもう少し続く。たぶん。

論語と算盤

 

論語と算盤 (角川ソフィア文庫)

論語と算盤 (角川ソフィア文庫)

 

 

人に借りて。

国家繁栄のためには私利私欲のみを凝らしてはならぬ。しかし清貧でいいわけではない。稼がねばならぬ。稼いだのなら頂いたお金は頂いた人に還元せねばならぬ。

 

文体が古く漢字も多くて非常に読みにくかったが、これは実業をする人間としてはそばに置いておくべきバイブル。