空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

アンダーグラウンド

 

アンダーグラウンド (講談社文庫)

アンダーグラウンド (講談社文庫)

 

 

 

実はこれが初めて読む村上春樹であった。

オウム真理教の元死刑囚らが極刑に処され、その時代に生きた人間として、自分の中で総括しなければならないなと思ったのがきっかけだった。

 

 

まず、読みながら私は作家にはなれないなと改めて思った。

これだけの人数にインタビューして文字を起こすことの大変さはいかほどかと思う。そんなこと本に書くはずもなく表面には出てこない。被害者と同じ目線にたつ努力をするのは並大抵の精神力ではできない。体力だって持たない。それをやり続けるのだから、本当に作家というのは極限まで自分を追い詰められる人にしか出来ないと思う。アイデアや感性だけで生きているのではない。

 

また、作者も言っていたが、自我を出さず、透明な空気のように文章をかけるのがすごい。語彙がないからすごいしか言えないがすごい。「部屋の隅で糸を繰り出し続ける蜘蛛」と例えていたが、私には透明な水のようだと思えた。自我を制して淡々と、そこにいないかのように書く。そんなこと出来るだろうか?

 

 

地下鉄サリン事件については、人間という生き物は、自分が巻き込まれる最悪の状況を描くことができないものなのだと改めて感じる。明らかに様子がおかしいのに、それをすぐさま「おかしい」「逃げなければ」とはならない。今まで経験、見聞したことのないものに想像力を跳躍させることは、できないのだな。そうすると未曾有の災害、人災に対して結局なす術ははいとなる。すこしでも臆病な種が生き残るのか。勇敢なものが生きるのか。

 

洗脳と統率との間はどこにあったのだろうと考える。未だ答えは出ないが、「自分が」それを成し遂げたいと思うかどうかが分かれ道なのだろう。

 

この時代に生きた人達は必読の書だろう。随分あとになって読むとまた感じ方が変わるかもしれない。

頭がいい人は脳を「運動」で鍛えている

 

頭がいい人は脳を「運動」で鍛えている

頭がいい人は脳を「運動」で鍛えている

 

 

雑多な内容でいまいち。頭がいいかどうかではなく、現代社会の中で乱れたり整わないことを正すには運動がいいよって感じの本。

エビデンスが弱い。

アウロラ タレンタム


f:id:sorata1215:20180701192045j:image

まさかまだ紹介してなかったなんて思わなかった。ぬかった。

アウロラのタレンタムという万年筆です。

これ本当に名品なんですよ。あまりに見た目が地味だし限定とか出ないしでアウロラの中では存在感皆無ですが、実用の究極はこれです。私の上がりの万年筆になりました。

 

ペン先はM、画像は満寿屋のレターパッドに書いているので線は細めになっていますが、もう少し太めでインクフローもすっかり潤沢になっています。

黒×シルバーのクリップと装飾で本当に地味なんですが、仕事の相棒としてこれ以上のものはありません。

速記しなければならないときに、昔はイプシロンを使っていたのですが、軸が細すぎて力が入ってしまい、手が疲れてしまっていました。太めの軸がいいんだろうなぁと店舗で相談したら、タレンタムを薦められたわけです。いやー…アウロラにしては地味すぎないか?と思い(当時限定のオプティマを買ったばかりでもあった)、即決せずにあれこれ悩み、でも結局忘れられず買うことになった1本です。

書き心地はアウロラのそれですので割愛しますが、オプティマ限定の18金とタレンタムの14金では全く性格が違います。どっても好きですが是非試筆してください。

タレンタムってネットでもほとんど紹介されてないんですよねー…。良さをもっと語れたらいいんですが、日常の道具になりすぎてていい言葉が浮かばない。

あ、カートリッジとコンバーターと両用式です。まさに実用。エボナイトのペン芯はしっとりと濡れ、安心して速記できるほどに成長しました。

 

語彙がないので写真に頼る。
f:id:sorata1215:20180701193406j:image



f:id:sorata1215:20180701193547j:image


f:id:sorata1215:20180701193558j:image

 

いいセールス言葉が浮かんだら追記します。本当地味にいい商品なんです。伝われ。

 

 

 空太 on Twitter: "万年筆の軸の太さ自分用メモ。これ見ると、せめて13mm、できれば14mm弱以上あるといいなぁと思う。タレンタム意外と太いのな。それにしてもカスタム漆、君というやつは #万年筆… "

世界一やせる走り方

 

世界一やせる走り方

世界一やせる走り方

 

 随分前に買っていた本を読了。世界一かどうかは分からないが、走りたい気分にはなった。

しかしこの本を読んだだけで走り始めた私はさっそく足が痛くなって戸惑っている。ストレッチちゃんとしないと…。ということで、初心者が走り出すための背中を押す本としてはおすすめ。

余命10年

 

余命10年 (文芸社文庫 NEO こ 5-1)

余命10年 (文芸社文庫 NEO こ 5-1)

 

 

地の文はいいのに会話が冗長で苦手。

ドライに書くのであれば、茉莉が死んだあとのエピソードを入れるのは甘えだろう。最後はほとんど作者の独白なのにラストは願望が描かれていて、ある意味死への恐怖を助長させる。

これは感動とは違う。生と死を見せつけて感情を揺さぶってくるのは暴力だ。

訳あって読んだが避けて通りたかった。それも私の死への恐怖。