読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

手帳について。サイズの限界を感じるようになってきた

現在モレスキンのデイリーダイアリーポケットを使っている。一日一ページ式を使うのはこれで4年目。すっかり定着したと思っていたのだが、最近不足する部分がすごく出てきた。



その1「小さい」
ポケットサイズでは書ききれなくなってきた。デイリーのページは上手に使えている(ToDoで8割埋まっている)のだが、月間ないし週間のページが無さすぎて、業務を俯瞰で見ることが困難になっている。
まあこれは前から分かっていたデイリーの手帳のデメリットではあるが、正直自分の予定ぐらいなら月間1ページもあれば十分だった。しかし最近では、会社全体の予定を確認しなければならなくなり、当然手帳に書ききれないことから、今はその他のスケジュールを2つ3つ持ち合わせている状況に陥っている。さすがに管理が出来ない。


その2「時間管理の必要性」
上記状況から、別に自分はいいんだけど他の人の予定まで把握する必要が出てて、すると毎日の中でも時間に仕事や予定を当てる管理を強いられる状態に。





一日一ページはToDoを潰していくのが快感だったけど、どうもそうも言ってはいられない。
ちょうど新年度スタートの手帳が出回っているはずである。
A5、バーティカル、見開き一週間で手帳を探してみようと思う。