読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空太のそら言

隠れオタクのぐうたら

手帳あれこれ。結局買わなかった

宣言通り、今日は山に登り図書館に本を返しに行き、本屋でバーチカルの手帳を見てきた。
さんざんいろんな手帳を見て手にとってうろうろしたけど、結局手帳は買わずにペンを買ってきた。

A5とかB5の手帳を見て回るうちに、自分の希望する条件が整理できてきた。
・週間ページはバーチカルでもレフト型でもなんでもいい
・月間ページがバーチカルになり、かつ広くとってあるものが欲しい

つまり自分の仕事が、今までに比べ月間での行動を重視するようになったということだ。
しかしそうやって見ていくと、意外と月間バーチカルの手帳が少ないことに気づく。うーん。
あまりに迷いすぎて、次第に「本当に買い換える必要があるのだろうか」と思いはじめる。
品質劣化が叫ばれるモレスキンだが、紙の色や邪魔にならない罫線、ポケットサイズの掌での収まりの良さ、ごろっっとした塊感は結構気に入っている。机の上で開いたとき邪魔にならないのも大きい。
モレスキンデイリーダイアリーは、月間ページが一月1ページのため、もう本当に狭いのがネックになっている。これが2ページで一月なら文句も出ないのだがしょうがない。んでもともと狭すぎたので、月間バーチカルをマイモレスキンから印刷して貼り付けている。
そう、実は一つの手帳に月間スケジュールのページを二つ持っている。それに今日気がついた。
「あれ…もしかして工夫すればもうちょっと便利に使えるんじゃね…?」
ということで、後一歩で能率手帳のA5を買うところだったのだが思いとどまり、帰宅したわけです。
で、改めて自分のモレスキン手帳を見てみる。

気づきその1「月間スケジュールが二つある」
これは前述の通り。もともと備えられている月間ページに続いて、マイモレスキンから印刷した月間バーチカルを貼っている。こちらは1ページで2ヶ月分となる。ここには車関係の記録を書いている。

気づきその2「月間スケジュールは5割の利用率」
そのスペースの小ささから、せいぜい一日4行ぐらいしか書き込むことができないが、もうそれだけ狭いので、実は最初からあまり多くを書き込んでいない。今でも略語を使って書き込んでいるが、これを更に極めればもっと密度をあげられるのではないか。

気づき3「ペンが太い」
手帳にくっつけているのはペリカンのスーベレーンEFだ。デイリーページには最高の太さなのだが、月間スケジュールに書き込もうとすると、字が潰れてしまって正直困難である。そのため、月間ページはわざわざ細字のペンやシャープペンシルで書き込んでいる状態。

気づき4「妙な色へのこだわりのなさ」
上記理由から当然色は不統一で、見やすいとは言えない。


あれ…じゃあ細字のペンを追加で常駐するようにして、二つの月間ページを使いこなせば色々解決するんじゃね…?
ってことで、新しい手帳の代わりに買ってきたのがこれです。

・uni ジェットストリームカラー オレンジ
クリーム色のモレスキンに似合う色として適当にチョイス。実は他にグリーンとブルーブラックを持っているので、使ってみて見やすい色を持ち歩くようにしようと思う。
ジェストカラーのよさは、0.5という細さと軸の軽さ、そしてラバーがついていない点。手帳とセットで使いやすい。

・パイロットS3 0.5
これはシャープペン(MP)ですね。MP買うなんて何年振りだろう。
予定の変わりやすい月間スケジュール帳に書き込む際、今すでにMPで書いてあるところもある。しかし普段MPを持ち歩かないので、BPで書いていたりFPで書いていたりもうぐちゃぐちゃ。なので最初からMPを手帳に携帯させるようにしようという作戦。
なぜS3かというと、まあジェストカラーと一緒です。あと軽い割にバランスがいい。300円とは思えない完成度の高さ。これはパイロットの良心ですね。

んで早速手帳に装着してみた。

ちょwwwwジェスト目立ちすぎwwwwww
こうやって見ると、スーベレーンはクリップでさえ美しいと思える。



はてさて上手くいくか。しばらく実験してみます。